イベント車両にはラッピングが便利で活用できます

subpage01

イベントに使用する車を「イベント車両」と呼びますが、宣伝する商品やサービス、人名などを大きく描き広告塔としても活用されています。

運搬するといった目的を達しながら広告としても利用できるのが魅力ですが、以前は車体に直接塗装していたので面倒な面もありました。

イベント車両のラッピングを手軽に利用してみませんか?

塗装は長持ちするという利点がありますが、書き込むまでに時間や手間がかかり、その分だけ費用も高額になってしまいます。

作業中は車両が使えず、その後に新しい広告を描く時には塗装を落とす必要も出てきて、短期サイクルには向きませんでした。
そこで登場したのがラッピングで、イベント車両にはメリットが大きくぴったりです。



特殊なフィルムに宣伝を描いて、車体を包み込むようにして貼り付けていき、この作業から「ラッピング」と名前が付きました。

塗装に比べて手間や時間がかからないのが魅力で、難点は日持ちがしないところですが、イベントに使用される分なら十分といえます。
それぞれの特徴を知って利用するのがよく、合わせた方法を選ぶことが大切です。

ラッピングをすることでイベント車両は広告塔としての意味を持ち、宣伝効果を高めることができます。

しかも車両を傷付けることがなく、リーズナブルな価格で行えるのも魅力が大きいです。上手く活用することで、時間をかけずにイベント車両を用意できて盛り上げることができます。

ラッピングと塗装の違いを理解して、必要に応じて使い分けると役立ってくれます。